受講を申し込む

〇日時
第1回 2019年1月19日(土)
第2回 2019年2月16日(土)
※各回14:00~18:30
〇会場

産業医科大学 東京事務所(千代田区神田司町)
JR神田駅、丸ノ内線淡路町駅、銀座線神田駅、都営新宿線小川町駅 いずれも徒歩5分
地図はこちら(ページ下部へ)
〇対象者
疫学論文の読み方を学びたい中堅産業医
(指定論文の事前講読ができる方)
〇定員
25名
〇ねらい
1. 疫学論文の批判的な読み方を身につける。
2. 得られた知見を実務に活かす視点を養う。
3. データに基づく集団分析法を理解する。
〇内容
第1回 前半:記述疫学、データ分析(集団分析) 後半:症例対照研究(交替勤務)
第2回 前半:コホート研究(過重労働)     後半:介入研究(長期病休)
〇受講料(税込)
40,000円(全回)
〇講師
溝上 哲也 
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター疫学・予防研究部長

今井 鉄平 OHサポート株式会社産業医


〇単位等
日本医師会認定産業医制度 生涯研修 専門8単位
〇備考
論文ごとに事前整理の当番を決め、ゼミ形式で行います。
強制はしませんが、積極的な発言を期待します。

昨年度参加者の声①
社会や学術界で起きていることについて、あるいは、他の産業医が
当たり前に知っているかもしれない知識や経験について、触れることができた。
昨年度参加者の声②
統計の基本をおさえつつ産業保健に関わるトピックスについて学べた。
毎回、講師の先生の強みが活きた研修でした。

〇会場地図

受講を申し込む